うぇるてく

健康やテクノロジー(技術)に関するあれこれを書きます。

AIが生み出す健康の未来(1)<AI・人・ロボット>

AIと健康

このブログではテクノロジーと健康をテーマに筆者の興味あることを書いていますが、これから書いて行きたいテーマの一つに「AI」 があります。

AI(artificial intelligence)は日本語に訳すと人口知能ですね。

Wikipediaによると「人工知能(じんこうちのう、英: artificial intelligence、AI)とは、人工的にコンピューター上などで人間と同様の知能を実現させようという試み、あるいはそのための一連の基礎技術を指す。」とのこと。

筆者は昔から、ロボットや人造人間などのSF映画が大好きで良く見ていました。

 

今、大人になって、テクノロジーの進歩の速さに驚かされています。

ブログでも書いてないとついていけなくなりそうです...^^;

 

AIロボット

AI=ロボットではないのでマトが外れてると言われるかもしれませんが、若かりし頃の筆者にすれば一緒でした。

今では 「人工知能を有したロボット」=「AIロボット」としての分野が確立しています。

 

少し前のニュースですが紹介したいと思います。 

ソフィアというロボットはサウジアラビアの市民権を所有しているとのこと...

ロボットが市民権?そんなの有りなの?

 

www.businessinsider.jp

 

昔見た映画の世界がすでに現実になってきているとは...

古い映画ですが、「アンドリューNDR114」という映画を見た記憶があります。

これに近いですかね。

筆者は子供の頃にこの映画を見ましたが、まさか自分が行きている間にこんな時代が来るとは思っていませんでした。

というか...来るの速すぎです!!(笑)

せめて、筆者が歳をとっておじいちゃんになった頃でも遅くはなかったです。(自分の中では^^;)

 

movies.yahoo.co.jp

 

最近のだと「エクス・マキナ」という映画がこれに近いですかね。

movies.yahoo.co.jp

 

「AIロボットと人は何が違うのか」という論議をすると「人とは何なのか」「生命とは何か」という話題になることがあります。

人と人型ロボットが当たり前に生活する未来がすぐそこまで来ているのかもしれませんね。

凄い時代です。
映画、面白いので是非一度見てみて下さい^ ^

また、映画のレビューを別の機会にしたいと思います!

AIの進歩は様々な分野に貢献します。これからの健康産業において「AI」は重要なテーマとなっています。AIの進歩により、人々の健康はより良いものになると筆者は思っています。

このブログではAIの発展と健康との関わりについて少しずつ書いて行きたいと思います。 

【ウェルネス】について調べて見た。日本と世界。

Googleトレンド

日本でのウェルネス

Googleトレンドで検索動向を調べて見ました。

f:id:inosepta:20171206180045p:plain

過去5年間の検索動向ですが、あまり変化はないようですね。

2014年11月だけ飛び抜けているのが気になりますが、もともと検索数が少ないようですので...^^;

 

世界でのウェルネス

世界ではどうでしょう?

 

f:id:inosepta:20171206181455p:plain

f:id:inosepta:20171206182702p:plain

日本では馴染みがない言葉ですが、世界では以外と使われているんですね。

日本語のカタカナ「ウェルネス」対 英語「wellness」なので正確な比較にならないかもしれませんが...

欧米やヨーロッパなど幅広い地域で検索されていますね。

中国がないのが意外でした。

調べて見ましたが、英語「wellness」を中国語に変換すると「健康」だそうです。

ウェルネス=健康 ではないんですが...

中国にもウェルネスのような表現の言葉があるんですかね〜

 

検索ワードランキング

日本ランキング

では、どのようなワードで検索されているのでしょうか?

f:id:inosepta:20171206183054p:plain

 

1位 3位 スマート ウェルネス 住宅 

「スマートウェルネス住宅」とは何でしょうか?

ナイス株式会社さんのホームページによると...

[スマートウェルネス住宅とは、エネルギー効率の良い住宅(=スマート住宅)と安心で安全、健康に暮らせる住宅(=ウェルネス住宅)の2つの性能を持ち合わせた「人と環境にやさしい家」のこと。]ということだそうです。

住宅の性能と住む人の健康を両立させさ住宅スタイルのことですね。

住宅による健康被害シックハウス症候群と言うのがありますね。シックハウス症候群家の建材に含まれる化学物質により引きおこるようです。

他にも、オール電化住宅による電磁波も健康に大きな影響を及ぼすそうです。

テクノロジーが及ぼす健康被害についてはまた別の機会に書いて行こうと思います。

住宅という観点から健康増進をサポートすると言う考え方に感動しました。

マイホームを建てるときはスマートウェルネス住宅にしようかな...(笑)

「スマートウェルネス住宅」の画像検索結果

 

2位 ダンロップ スポーツ ウェルネス

2位の「ダンロップ スポーツ ウェルネス」はダンロップスポーツクラブの運営会社だそうです。ダンロップといえばまずタイヤが思い浮かびますね。多くはないですが、全国で22店あるそうです。ダンロップスポーツクラブ会員様限定のタイヤ商談会などもあるとのこと。

筆者は健康増進のためにスポーツジムに通っていますが、ダンロップのスポーツクラブがあるとは知りませんでした。ウェルネスというネーミングを採用しているところがポイント高いです(笑)

画像は南柏店の施設写真ですがかなりマシンの数多いですね。

「ダンロップスポーツクラブ」の画像検索結果

 

 

4位 ウェルネス 筑北 

長野県東筑摩郡筑北村にある「日本ウェルネス高等学校」という通信制の高校だそうです。

まさか、高校がランクインすると思いませんでした^^;

しかもピンポイントで筑北(村)って...

まあウェルネスに関する話題ってそんなにないですからね。

決して日本ウェルネス高等学校のことを悪く言ってるわけでなないので悪しからず...

しかし、高校の名前にウェルネスをつけるとは凄いですね。まあ、聖母の騎士高校などすごい名前の高校はあるので、ウェルネスも全然ありです!

 

5位 アサヒ カルピス ウェルネス

「アサヒ カルピス ウェルネス」は「アサヒカルピスウェルネス株式会社」という日本の機能性食品・飼料メーカーだそうです。wikipediaによると、持株会社である親会社・アサヒグループホールディングスにより新設の事業子会社として2015年7月1日にて、旧カルピスからは通販限定商品として展開している機能性食品「アレルケア」「しなやかケア」「ビオマイン」「ココカラケア」各事業を継承し設立されたとのこと。

あの有名なカルピスというブランドをテーマにした健康食品を取り扱う「カルピス健康通販」というサイトを展開しているようです。

 

「アサヒ カルピス ウェルネス」の画像検索結果 

 

世界ランキング

世界ではどのように使われているのでしょうか?

f:id:inosepta:20171206183125p:plain 

 1位 2位

「a cure for wellness」「cure for wellness」

直訳すると、「ウェルネスの治療法」とのこと、検索すると「a cure for wellness」という映画もあるようです。筆者映画は好きですが、この映画はまだ見たことがありません。また見て見ます。検索はおそらくこの映画とは関係ないでしょうが...^^;

アメリカで仕事をしている医療従事者の知り合いから聞いた話ですが、アメリカでは医療技術が世界最先端であることは間違い無いですが、医療費が大変高額で、日本のような国民健康保険制度はなく、国民の6人に1人は保険に加入していません。そのため自身の健康増進に努力する人が多いそうです。フィットネスもその取り組みの一つですね。

有名な話ですが、アメリカでは肥満が社会問題となっており、肥満体型の人は自己管理が著しく欠如していると見なされます。 入社の際の面接に影響したり、自己管理ができない人は管理職や役員などの責任のある上級職には就け無いとのこと。そのため、日本に比べて健康に努力する人が増えているんですね。

 

 3位

「bon secours wellness arena」

スタジアムやアリーナのような施設です。

f:id:inosepta:20171207164351p:plain

 

 4位

「a cure for wellness traller」

「traller」は予告編という意味で、「a cure for wellness 」という映画の予告編のようです。1位映画のワードとして検索されているのかもしれません。ホラー・サスペンス映画のようですね。良かったら見てみて下さい^^

www.youtube.com

 

 5位

「akumal bay beach and wellness resort」

5位はメキシコのアクマル ベイ ビーチ & ウェルネス リゾートがランクイン。

メキシコ行ったこと無いですが、写真で見るだけでも凄く綺麗な場所であることが分かるかと思います!是非一度行って見たいですね。「akumal bay beach and wellness resort」の画像検索結果

 

 

以上、ウェルネスワードランキングでした。

どうでしたでしょうか?

会社名、施設、商品、様々な場所で使われていますね。

ウェルネスというのは手っ取り早く健康観を表したい時に最適な言葉だと思っています。

例えば、ウェルネスリゾートではなく、ヘルスリゾートだと健康になるリゾート施設というイメージに近くなるかと思います。ウェルネスリゾートだと聞こえがいいですね。

健康=ヘルスとすると、そこには病気や医療との関わりが関連してきます。「ヘルス」だとどうしても医療っぽくなってしまいますね。

ウェルネスは、病気の人も、障害を持っている人も、誰でも目指せる健康の概念です。

ウェルネスの概念は、「健康になるために病気直す」というヘルスではなく、「今の状態からより健康を目指すためには何が必要か」というような違った考え方をすることで、治らない病気の人や障害を持った人でも健康増進ができるのです。

ウェルネスという言葉を積極的に使っていきたいですね。

 

 

 

 

【ウェルネス】なぜブログのテーマをウェルネスにしたのか...

このブログでは、健康やテクノロジーに関することを書いていこうと思います。

なぜ、このブログのテーマを「ヘルス」ではなく「ウェルネス」にしたかは、テクノロジーが生み出すウェルネスの世界観をブログで書きたいと思ったからです。

 

今回はそのウェルネスについてです。

 

ウェルネスとは

ウェルネスとはそもそも何でしょう?

健康オタクや関連職の人であれば聞いたことがある言葉だと思いますが、一般的にはまだまだ馴染みのない言葉ですね。

ウェルネスと言う言葉を検索してみると...

 

Wikipedia  
ウェルネス(Wellness)とは、世界保健機関(WHO)が国際的に提示した、「健康」の定義をより踏み込んで、そして広範囲な視点から見た健康観を意味する。 1961年に、アメリカの医学者、ハルバート・ダンによって提唱され、ウエルネスの用語が作られた。 より平易な言葉で言うならば、生活科学として、運動を適宜日常生活に取り入れながら、健康的に日々の暮らしを送ろうと言う主旨で提唱された概念である。


ブリタニカ百科事典
健康な心身ならびに社会生活を得て,より積極的・創造的な健康を目指し,維持・発展させようとする生活行動をいう。病気の予防を前提として,食生活の改善や適度な運動などをも含めた総合的なとらえ方である。

大辞林
①健康。好調。
②健康を肉体面だけでとらえるのではなく,生活全体を積極的・創造的なものにして,健康を維持・増進させようとする生活活動。

 

コピぺですみません...

 「健康」を幅広い視点から捉えているという概念であるようです。

 

では、実際にウェルネスと言う言葉はどこで使われているのでしょう?
検索してみると、ドラッグストア、健康関連企業、ホテル、通販サイト、クリニック...など様々な所で使われていますね。

ウェルネスセンター、ウェルネス研究所、ウェルネス協会などもあります。

 

ウェルネスとテクノロジーの繋がり

近代化が進み、テクノロジーの進歩は人々の生活をより便利に豊かに変えつつあります。初投稿の記事にも少し書きましたが、人々の健康管理にテクノロジーは欠かせない世の中になってきています。

テクノロジーの進歩は、健康という枠を超えて、ウェルネスという概念に欠かせない存在になってきていると感じます。

健康に必要な要素は沢山あります。それらのあらゆる分野でテクノロジーの進歩が進み、人々のウェルネスに影響を及ぼすでしょう。

このブログのテーマをウェルネスにしたのもテクノロジーによる健康への可能性を健康というポイントでなくより広い概念で捉えたいと思ったからです。

結局、健康でしょ?と思われるかもしれませんが、なんとか雰囲気だけでも感じていただければと思います...(笑)

 

 

 

 

初投稿<このブログで書きたいこと>

こんにちは

初めまして。

ブログ初投稿です。

筆者は健康関連の仕事をしているので、日頃から健康関連のニュースや話題に意識があります。

このブログでは自身が興味あることを少しずつまとめていければいいなと思っています。

このブログを書こうと思った理由

さて、このブログを書き始めようと思った理由ですが...

健康に関わるものは沢山ありますね。

「健康」は人間の永遠のテーマです。

健康についてのニュースを見ていると最近は、テクロノロジー(技術面)と健康に関連している記事を見かけることが多くなってきました。

テクノロジーは凄いですね。

15年前、筆者が高校生の時初めて持った携帯はいわゆるガラケーでした。

着メロや着うたをダウンロードして遊んだ記憶があります。

今はどうでしょう。ほとんどの人がスマホですね。

ここ最近のテクノロジーの進歩には驚きです。

テクノロジーの進歩はあらゆる分野の発展に貢献します。

「健康」という分野についても例外ではありません。

すでにiPhoneの中にも「ヘルスケア」というアプリが入っていますね。

人々の健康はテクノロジーによって管理する時代がきているのかもしれませんね。

このブログで書きたいこと

このブログでは、「健康」と「テクノロジー」をテーマに、筆者が興味あることや感じたことをまとめて書いていこうと思っています。

また、ブログを通じて、情報収集や交流ができれいければいいなと思います。

ブログは初めてなので、続くかわかりませんが、気長に更新していこうと思います。